JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN
skate columnSKATE COLUMN 2010/1/6  
ウルムス
NYのスケートブランド 5BORO SKATEBOARDSのプロを経て、現在は裏方業。
得意なトリックはF/S BLUNT SLIDEと出荷ミス。
業務の傍ら、毎日のように15歳からスケートに呼び出される日々を送る。
横浜市出身 179cm  71.4kg 10.5inch  寅年
スポンサー:VOX FOOTWEAR(ADVANCE MARKETING)/ INDEPENDENT TRUCKS(HASCO ENTERPRISES)/ PRIZE FIGHTER(KUKUNOCHI CORP)/ BLAZE PIPE/ DOUBLE FAITH/ HI針灸整骨院
1回目 2010/1/6 『Greeting from Yokohama』
2回目 2010/1/20 『ガイダンス』
3回目 2010/2/3 『SKATE OR GO HOME』
4回目 2010/2/10 『べつくち』

『Greeting from Yokohama』


USNet magazineをご覧のみなさま新年明けましておめでとうございます。
そして、はじめまして。
大阪のベニさんからご紹介あずかりました年男のウルムスと申します。
2010という区切りのいい年の一発目!このような場をいただきまして感謝いたしております。

自分は横浜でスケートボード絡みの仕事をさせていただいています。
「絡みってんなんだ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
こちらは相当沢山の人がご覧になっていると思われますので、
地下組織の者といたしましてはここで素性を明かすのは少々勇気が要ります。
なんせ細々やってるもんで、いきなり相当数のアクセス数はおっかないですから。
興味のある方だけ検索、ブックマークしてください。
僕は20年程前に、スケートボーディングに衝撃的なカッコよさ感じてしまい、趣味が高じてこの世界に居ます。
皆さんもご存知の通り、当時は携帯電話はおろか、カップ焼きそばの湯きり穴も開発されていない時代。
スケートの情報も超レアでした。
未知との遭遇的ワクワク感と共に、出会い頭のハードパンチ連発の日々ってとこだったでしょうか。
雑誌や映画から見れたカリフォルニアの抜けるような青い空、奇抜なファッション、聞いたこともない音楽に
夢を膨らませる少年時代を過ごしていました。


今思えばスケートという行為はもちろんですが、
それらを取り巻く”スケートカルチャー”に魅了されていたのかもしれません。
そして外すことのできない、横浜、横須賀、湘南辺りのすばらしい先輩方とのセッションは僕のルーツです。


そうです、神奈川県。
皆さんにとっての神奈川県はいったいどういったイメージでしょうか?
やっぱり横浜になるんすかね?
山下公園、ベイブリッジ、レゲエミュージック、ランドマークタワーにトンコツ家系ラーメン。
いやいや、それだけではございませんよ。
湘南に行けば海、江ノ島、シラス丼、ビキニギャル、CHATTY CHATTYで有名なあのマーブルスポット。
箱根の温泉も。
まだまだありますよ。
R134、稲村ガ崎を抜けて葉山方面に行きましょうか。
サザエ、アワビ、ウニ、相模湾の新鮮な海の幸ですね。
そして昔よくやったラインですが、夏はSUMMER JAM 95聞きながらボケーっとして海。
堤防からジャンプっすね。
これがまた格別なのよっつって。

んじゃ、山越えて横須賀入っちゃいましょう。
アメリカの海軍基地ですね。
異文化交流。
怪しい人種の集まるドブ板通り。
狙いは軍の放出品?
バーもたくさんありますよ。

のんびり滑れるうみかぜ公園もいいですね。
そして、かの有名なダブルフェイスというスケートショップもある横須賀。
おネーちゃんもかわいい横須賀。ユノーン?
ガキの頃はですね、アメリカ海軍の兵隊の息子が同年代。
もちろんスケーターもいたりして。
さすがは本場。
治外法権。
めちゃくちゃ上手いんです。
見るのも全てがフレッシュ。

その頃のアメリカ人とのスケートは、
間違いなくスケーターとしてアドバンテージだったとここで書きながら思います。
SHORTY'Sで一世を風靡したBrandon Turnerも横須賀で滑ってましたしね。
言葉とかよく分からなかったけど、トリック名は大体英語なんでそれからですよね。
あとSLAPを辞書片手に訳すの。
英語の授業はなんとなく聞いてるふり。

18歳になれば同年代の水兵さん。
もちろんスケーターもいますね。
ラッキーなことに、当時はイケてる水兵スケーターが多かったんです。
最近はどうなのかな??

僕の初の渡米は、海軍として横須賀に数年住んでいたやつの家を訪ねたのが最初でした。
いきなり東。
ペンシルベニア州。
向こうで初めて見たアメリカのスケーターはTim O'connor。
ジャンプランプでノーリーフリップしてて昇天。
とんでもない衝撃でしたね。
おっと、文字数がヤバそうなので、、、今日はこんな所で。。。
んじゃ、16号線を北上、逗子によってから横浜戻りましょうか。

http://www.youtube.com/watch?v=mfgiv1IGNNY&feature=player_embedded






skate columnウルムス
1回目 2010/1/6 『Greeting from Yokohama』
2回目 2010/1/20 『ガイダンス』
3回目 2010/2/3 『SKATE OR GO HOME』
4回目 2010/2/10 『べつくち』
COLUMN INDEX
最新NEWSはこちらから
COLUMN INDEXはこちらから
SURF COLUMN SURF COLUMN
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ