JAPANESE ENGLISH
ウェブ全体から INTERSTYLEから
 COLUMN
skate columnSURF COLUMN 2008/5/21  
堀 直也(ほり なおや)
1977年生まれ31歳。神奈川県横須賀市で生まれ、現在はエコサーファーの代表として藤沢市辻堂に在住。カッコよいサーファーになりたいがために、自分たちの遊び場である海を清掃する活動を初め、現在7年目になる。しかし、まだまだ海はキレイにはならない・・・。
エコサーファーWEBサイト http://www.eco-surf.com
1回目 2008/5/21 『ださいサーファーが多過ぎる』
2回目 2008/6/4 『アメリカ被れの日本人』
3回目 2008/6/18 『アメリカの日本からの脱出』
4回目 2008/7/2 『本物のサーファー』

『ださいサーファーが多過ぎる』


未だにくわえタバコをして海に来るサーファーもいる。

カップルで仲良くタバコを砂浜に差し込んでいくサーファーもいる。


そんなサーファーは、サーファーではない。


サーファーはもっとカッコよい存在であって欲しい。オーストラリアでは、サーフィンは国技でもあるし、サーファーであることで尊敬されたりもする。しかし、日本ときたらそんな尊敬の念などこれっぽちも感じない。つまりは、世間一般にはそう思われていないからだ。

じゃあ、カッコよいサーファーって何だ?

そんな疑問を持ち始めたのが、僕が24歳のころ。今からちょうど6年前だ。もちろん、プロサーファーはカッコ良くみえたけど、僕の目にはそんなにキラキラとは光っていなかった。で、僕が考えたカッコよいサーファーとは“さり気なく、海にゴミが落ちていたら拾っているサーファー”であった。そして、それをコツコツと継続しているサーファーであった。

だから、僕はあの日からそんなサーファーを目指した。当たり前のことをさらっとこなすサーファーになりたかった。しかし、そんなサーファーになってもその後で問題が生じた。それは、自己満足から抜け出すこと。マスターペーションで「あ〜俺はこれでサーファーだぜ!」って言っていては、まだまだだということ。どういうことかというと、個人レベルで片付けられないのが、今の日本のゴミ問題!自分1人が動いたところで、拾えるゴミはたかが知れていたし、翌日、その場所へ行くと、そこにはゴミの山・・・なんていうこともしょっちゅうあった。正直、幻滅もしたし、悲しくもなった。で、気が付いた。この問題は根が深い・・・と。だから、マスターペーションから抜け出さないと、本物のサーファーにはなれないって思った。要は、今のゴミの現状を1人でも多くの人に伝え、もっと多くの人に協力してもらう必要があった。僕は日本を脱出することを決心した。

別に日本から逃げた訳じゃない。外から日本を見てみたい、他の国のサーファーと接してみたい。そう思ったからだ。
サーフィンが盛んな国では、どんなサーファーがどんなやり方で海を守っているのか?そんなことを僕は自分の目で見て、そして実感したかった。だから、僕はバックパックにノートパソコンとデジカメとウェットスーツ、そしてタオルに着替えをもって、2002年の春に1人日本を脱出した。所持金は70万円。行きたい国がアメリカだったので、5年間分の学生ビザを取って、日本を脱出した。この時、25歳。



surf column堀 直也(ほり なおや)
1回目 2008/5/21 『ださいサーファーが多過ぎる』
2回目 2008/6/4 『アメリカ被れの日本人』
3回目 2008/6/18 『アメリカの日本からの脱出』
4回目 2008/7/2 『本物のサーファー』
COLUMN INDEX
最新NEWSはこちらから
COLUMN INDEXはこちらから
SURF COLUMN SURF COLUMN
SKATE COLUMN SKATE COLUMN
SNOW COLUMN SNOW COLUMN
メルマガ配信登録はコチラから
INTERSTYLEmagazine無料掲載ガイド
USNet
 
 
サイトマップFAQ会社概要(主催運営)リンクについてプライバシーポリシー
Copy right © INTERSTYLE Co.,Ltd All Rights Reserved.
Exhibitors Report INTERSTYLE magazine お問合せ INTERSTYLE トップページ